司法書士・土地家屋調査士・測量士のトリプルライセンスの岡田洋輔総合事務所

建物表題登記と建物表題部変更登記の申請

業務日誌

 今日(4月10日)は、福岡市内にある建物の表題登記と建物の表題部変更登記を申請しました。建物調査の流れは次のとおりです。
 建物調査では、携帯タイプのレーザー距離計と、コンベックスを使って建物の周長を測ります。その後、測量した結果と予め作成した建物図面・各階平面図を比較して、作成した図面と測定値との間に矛盾点がないかどうかを把握します。
 測量後は、建物の外観と内観の写真を撮影するため、デジカメを使って建物の写真撮影します。登記申請に添付する調査報告書には屋根の種類を判別するための写真も必要になるため、最上階の窓から身を乗り出して、頑張って屋根の写真を撮影するという涙ぐましい努力もしなければなりません。
 調査後は、測量結果を反映させるため、前もって作成した図面(建物図面・各階平面図)を修正します。その後、建物登記に必要な添付書類や調査報告書を作成し、最後に登記申請書を作成して法務局に建物登記を申請します。特に補正が無ければ、1~2週間経って登記完了となります。
 当職が本日申請した建物登記が完了するのは4月下旬となる予定です。補正が無いことを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました